ひとこと


  

膀胱炎に気をつけましょう

秋から初冬にかけてが膀胱炎を起こしやすい季節です。お腹を冷やす事
によって膀胱炎を発症するケースが殆んどです。
トイレの回数が急に増えたり,トイレ以外の所で排泄してしまったり,
尿の色がいつもと違っている時(赤い・濃いなど)は膀胱炎を起こして
いる可能性もあります。
また,
ネコ(特にオス)では膀胱炎が引き金となり膀胱結石が出来て,
尿が出なくなってしまう病気(FLUTD)
になってしまう危険性もあり
ます。
ドライフードを与えられているネコに多く見られます。
気になる症状・行動がある時は,早めに診察を受けましょう。

 

フィラリア症の予防薬を忘れずに!

蚊をまだ見かける季節です。
フィラリアは蚊が運んで来て、ワンチャン・ネコチャンの心臓に
寄生する、恐ろしい寄生虫です。

お腹の寄生虫と違い心臓に寄生する為、感染してしまうと命に差し障る
事が多く、治療も非常に困難です。
蚊が出始めてから1ヵ月後に予防薬の投薬を始めて、最後は蚊がい
なくなってから一ヵ月後まで、
毎月1回投薬してあげましょう。
詳しくは、かかりつけの先生にご相談下さい。


ノミ・マダニは、まだ活動期です


ノミ・マダニなどの吸血生物は、皮膚にトラブルを起こすだけでなく
伝染病や(消化管や血液の)寄生虫を媒介するので非常に厄介です。
良く耳にするヒトの
ネコ引っかき病、イヌ・ネコに寄生したノミが
原因
と言われています。
また、成熟した
メスノミが10匹いるだけで、1ヶ月後には17万匹
になる
というデータもあり、しかもノミは室内(じゅうたんや畳など)
でも繁殖
しますので、寄生してから駆除するのはとても面倒です。

最近、
マダニの吸血によるSFTS(重症熱性血小板減少症候群)により、
数人の方が亡くなっています。
マダニはお近くの公園などでも感染する可能性が高いです!

次項の説明を参考にお早めにノミ・マダニ対策を始めましょう

 

SFTSについて
SFTS(重症熱性血小板減少症候群)は、マダニに刺される事によって
起こるヒトの感染症で、致死率も高い恐ろしい病気です。
散歩時にワンちゃんに寄生したマダニが、庭などに落ちて敷地内で増え
たり、室内に落ちたマダニがヒトを吸血する可能性も否定できません。
詳しくは、
厚生労働省のHPをご覧下さい。

マダニはSFTSだけでなく、ライム病、犬バベシア症、猫ヘモバルトネ
ラ症の感染源といわれています。

ノミだけでなく、マダニの駆除・寄生予防もしっかり行ないましょう!

 

市販のノミ・マダニ駆除薬について
スーパーやペットショップさんで色々なタイプのノミ駆除薬(ノミよけ
薬も)を見かけますが,特に最近動物病院で処方する薬剤に大変良く
似た名前・剤形の商品をスポットオン(背中にたらす)タイプでも
目にするようになりました。

当院にかかっている飼い主さんの中にも,当院で処方したものと同じと
思ってペットショップで購入し,その後で効き目が違う事に気付かれて
あわてて来院される方がよくいらっしゃいます。

動物病院で処方しているお薬は市販の商品とは成分も薬の広がり方
も全く違いますので,
効果・持続力ともに違いがあります。
勘違い・お間違いのないようにして下さい
!!

 

伝染病に気をつけましょう
ワンチャン・ネコチャンの伝染病は命を落としかねない病気も多く、
また治療にかかる金額も予防注射数回分以上となってしまう事も多く
あります。

室内飼育のワンチャンでも散歩や美容・ペットホテルなどの際に他の
ワンチャンと接したり排泄物などから感染する可能性もあります。

また
ネコチャンの場合,外に一歩も出ない子でも感染する事がある伝染
もありますので,完全室内飼育でも安心は出来ません。

定期的にワクチン接種をして,大切な家族の一員を恐ろしい伝染
病から守ってあげて下さい

 

レプトスピラ病について
相模原市内でもH13年末犬の『レプトスピラ病』の感染・発症
確認されました。ヒトにも感染する「人畜共通感染症」の1つで,
届出伝染病にも指定されています。
動物病院で「7種」以上の混合ワクチンを定期的に接種してもらって
いるワンチャンは(ほぼ)安心ですが,「6種」
(6種も含む)以下の
混合ワクチンしか接種してもらっていないワンチャンは感染する可
能性があります。

病院で発行されたワクチン証明書を確認してレプトスピラが入ってい
ない時には,早めにレプトスピラワクチン接種をしてあげましょう。

レプトスピラ病について詳しくお知りになりたい方は,左にある鳥の
アニメをクリック
して下さい(横浜市獣医師会HP内「新着情報」の
下の方に入口があります)。

 

子犬・子猫の譲渡会について

相模原市獣医師会では、定期的に子犬・子猫の譲渡会を行っています。

平成29年度(H29年4月〜H30年3月) 譲渡会予定日
(全て日曜日です)


平成29年 6月4日
平成29年 7月2日
平成29年 8月6日
平成29年10月1日
平成29年12月3日

平成30年 3月4日

あげたい方は、譲渡会開催日の1週間前までに
市獣医師会所属の
動物病院で健康チェックと駆虫(有料)を受ける事が必要です。
生後2ヶ月〜4ヶ月齢までの健康な子犬・子猫に限ります。
また、
あげたい方・貰いたい方共に市内在住の成人方に限ります。

マイクロチップの挿入に同意して頂く事が条件となります。
もらわれた方は当日会場で\2000をお支払い頂き、市獣医師会所属の
病院で装着して頂ける方にのみ里親になって頂く事になります。

もらわれた方は
ご本人である事を確認させて頂きます。
健康保健証・運転免許証など、ご本人と確認できるものを必ず持参

て下さい。

詳しくは市の広報をご覧頂くか、市獣医師会所属の動物病院までお問

合わせ下さい。
   場=衛生試験所の北側に隣接する建物(富士見1-3-41)
地図はこちらから
   相模原市HPでのご案内をご覧になりたい方は青いボタンを
クリックして下さい
   

 

(公社)神奈川県獣医師会 私が所属している県獣医師会のページです。
(一社)相模原市獣医師会 私が所属している地域獣医師会のページです。
獣医師広報板 獣医師のムクムク先生が管理されているサイト
です。情報量・内容共に,日本で一番充実して
いると思います。
神奈川県動物保護センター 平塚にある神奈川県の動物保護センターです。
飼育・しつけ教室や里親探しなどを積極的に
行ってくれています。
聴導犬育成の会 聴導犬を育成してくれている方々のHPです。
市獣医師会でもバックアップしています。
tomo-san's home HPを作るにあたり,いろいろと素材を使わせても
らいました。とにかく可愛い素材が沢山ありますの
で,たずねてみて下さい。